町家・街並・風景 | アット高槻 −北摂から面白いことあれこれ−

アット高槻 −北摂から面白いことあれこれ−

高槻を中心に北摂の面白いことあれこれを、成喜建設(株)のインテリア&Web担当者がレポートします。
主に高槻市・茨木市を中心に北摂地域のイベントやお店等の街ネタを紹介していますが、たまには京都・神戸などへの遠出もありです。
*お店の定休日・営業時間などは変更もありますので、お出かけの際は直接各店にご確認下さい。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
   
SEARCH
  
北摂の地域情報
バナー
             
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
  
 
丹後半島は海水浴の穴場
 いろいろな夏休みの過ごし方がありますが、浜辺でキャンプして、海水浴が出来るところって良いですね。娘が今年行ってきた、丹後半島は京都から高速で数時間。溜息の出るほど綺麗な景色で、空いていて、「河口のため水が塩っぱくなくて泳ぎやすい!」とか。
写真は京丹後市丹後町上野の高嶋キャンプ場付近の海岸です。

夜明前 午前5時:夜明け前

日の出 午前5時25分:日の出

砂浜 午前6時:砂浜も広ーい

昼 午後2時30分:たっぷり泳いだ、さようなら~

大きな地図で見る

ブログ村、BROG RANKINGに参加しています。
どうぞクリックの応援をお願いします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ

夏がしのぎやすい…町家
 暑さ最高ですね。岐阜県多治見市は39度だってー!こちら35度でも倒れそうなのに。ところが、うちは涼しいよ〜という方に聞いてみると、住所は高槻市中畑だとか。今でも蛍が毎日見れるし、水はおいしくて、クーラーはほとんど要らないとか。近畿の信州という感じ。遠くへ行かなくても、ちょっと足を伸ばせば避暑はできるのでした。
 それにしても、町中はビルや道路の照り返しとか、エアコン屋外機の影響で暑い事!これをヒートアイランド現象というらしい。昔の人は暑さを和らげる工夫をしたのに、今は機械に頼るから、お互いに暑い夏をさらに暑くしているわけ。ウーンもしかすると電力会社と、家電メーカーと、ビール会社の陰謀かも。
 暑い日中でも木陰や家の中、土間はひんやりとしていた子供の頃が懐かしい。木造だから火災には弱かったかもしれないが、町家や古民家は暑さには強い。明日は高槻の町家を考える会であるマチヤ・テラスさんが開かれている「マチヤ・カフェ」の日、一度参加したいと思いつつ(今月も危ういですが)、町家や民家の残る都市、高槻で道すがらに撮った昭和の香りのある風景を紹介します。

【7月のマチヤ・カフェ】
2010年7月24日(土)午後1時30分ごろ〜3時30分ごろ(大体の目安)
横山医院町家「かわんちょの町愛室」にて(高槻市城北町1丁目)
(セミナーや一般のカフェではなく、町家に関心ある方の情報交換会との事です)

米屋
米穀店を改修したリザルブ珈琲店

牛乳箱
旧西国街道近辺で見かけた、牛乳受け。

高谷
改修して住まわれている古民家


ブログ村、BROG RANKINGに参加しています。どうぞクリックの応援をお願いします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
西国街道の提燈商
 昨日見た提灯屋さんの消滅があまりに寂しくて、ちょっと検索してみるとありました、ありました。詳しい写真を掲載されているブログが。※2008年9月にもまだ営業されていたんですね。もしかすると最近まで営業されていたのかもしれません。お話を伺いに寄れば良かった。私が写真を撮ったのはいつだったっけと見てみると、2008年4月20日でした。クローズアップ画像を添えました。よろしければ、クリックして画像を拡大してみて下さい。窓の上に店名が透し彫りになっていました。細部に凝った造りだったんですね。
 昔の物にはなぜか温かみがあるなあと考えてみると、自然素材と手造りの味、職人の心意気なんでしょうね。今はお店のオーナーも会社組織だったりするし、コストと工期短縮が課題で、こだわりが薄れているんだなあ・・・。今や町家はみんな文化財。出来る限り修復活用の方法を探る事、新しくする場合はしっかり記録に残し、周辺環境にも配慮した設計で、以前よりさらに良い物を建ててゆくこと。こんな事が出来ると良いなあ〜(夢?)。

※参照:ブログむかごの高槻

 提灯屋 在りし日の提燈商の佇い(2008.4.20)

 拡大 窓の上に店名の透かし彫りあり

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
ブログ村に参加しています。どうぞクリックの応援をお願いします。
人気ブログランキングへ
BROG RANKINGにも参加してしまったので、よろしければポチッとお願いします。
西国街道に町家の珈琲店
 西国街道の芥川一里塚から、教宗寺のあたりには点々と町家が残っているのですが、そのうちの一軒が改装してして、リザルブ珈琲店と看板がかかっていました。開店しているのかなと覗いてみると、開店準備中だけどよろしければと、中へ入れてもらえました。店内に焙煎機を設置した自家焙煎の珈琲屋さん。豆の小売りもされるそうです。試飲させて頂いた珈琲もなかなか美味しくて、これからが楽しみです。西国街道を散策される方の、オアシスになりそうです。
 斜め向かいの提灯屋さんは残念ながら、解体して更地となり、建築準備中…(涙。。。)。できれば、この街道にふさわしい雰囲気の建物が建ちますように。古い建物がだんだんと少なくなるけれど、なぜか新しい建築には深みを感じにくいなあと思いつつ歩いていると、道沿いの町家の、牛乳受けや、郵便受けのチャーミングな姿が懐かしく目に飛び込んできました。どれも見ていて心の和む味が、沁み込んでいるみたい。これからはこの脇役達にも注目して、撮影しておかないと、本当に見れなくなると危機感を感じました。

自家焙煎珈琲 リザルブ珈琲店 (コーヒー豆小売り&カフェ)
〒569-1123 高槻市芥川町3-19-3
TEL/FAX:072-628-2896
営業時間:10:30〜19:00
定休日:木曜日・第1金曜日

 リザルブ外観 リザルブ珈琲店外観

 リザルブ内部 ゆったりしたインテリア

−参考に−
高槻の町家を調査、紹介している会『マチヤ・テラス』さんのブログ
                《マチヤ・テラス通信〜高槻の町家を照らす〜》
                「建替えても町家」その2西国街道・芥川宿

以前の状態が掲載されているサイトRide a bicycle on May 6, 2008(米屋さんのところ)

ブログ村、BROG RANKINGに参加しています。どうぞクリックの応援をお願いします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
高槻の町家
 高槻はJR駅前のビッグプロジェクトなど、新しい都市の面もありながら、ふと見ると古くからの家に、城下町の面影も残っているという味わいのある街ですね。これをせめて今の時点で保存活用できたら良いのになあと思っていたら、その活動をされている方々の事が12月24日付朝日新聞の大阪北摂面に掲載されていました。
 高槻の市民グループ《マチヤ・テラス》が、旧高槻城の北側に残る町家を一軒ずつ調査して整理されたとの事、週末毎に活動されたらしいですが、頭が下がります。「百の言葉より1つの実行」と言う言葉を思い出しました。

新聞

参照
[マチヤ・テラス通信]
[高槻のええとこブログ] マチヤ・テラス 2009 冬至

↓ブログ村に参加しています。どうぞクリックのご協力お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.