音楽・映画 | アット高槻 −北摂から面白いことあれこれ−

アット高槻 −北摂から面白いことあれこれ−

高槻を中心に北摂の面白いことあれこれを、成喜建設(株)のインテリア&Web担当者がレポートします。
主に高槻市・茨木市を中心に北摂地域のイベントやお店等の街ネタを紹介していますが、たまには京都・神戸などへの遠出もありです。
*お店の定休日・営業時間などは変更もありますので、お出かけの際は直接各店にご確認下さい。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
   
SEARCH
  
北摂の地域情報
バナー
             
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
  
 
左手のピアニスト智内威雄
2月16日(日)に、左手のピアニスト智内威雄さんのコンサートに初めて行きました。
会場は豊中市岡町にある元庄屋さんの建物で「桜の庄兵衛ギャラリー
演奏中は撮影禁止なので、演奏前の写真です。手元はプロジェクターで拡大。
左手のほうが低音部になるので、右手だけよりも、左手だけのほうが表現力の豊かな音楽になるようです。
智内さんは、コンクールでの受賞など、ピアニストとして順調なデビュー後まもなく、ジストニア(神経の難病)に掛り右手が思うように動かなくなりました。その後、リハビリで少しは動かせるようになったものの、ピアノを自由自在に弾きこなすのは難しく、左手の楽曲と出会って、左手のピアニストとして再起されました。
 
ピアノ
大広間でピアノコンサート

庭
桜の庄兵衛ギャラリーはとても広く、庭の木も大木といえるほど太い。

 
山田洋次郎監督50周年記念展+「寅さん」あなたは誰なの?
 明けましておめでとうございます。穏やかな年明けから、もうはや一週間、早いですね。
 偶然、西武百貨店を通りかかって、全く思いがけず「寅さん」の世界に浸りました。良かったです〜。時々、古い映画を観るのもいいですね。山田監督自身の編集による、ハイライト版が上映されています(シリーズの全作品を30分に集約)。東京タワーより高いタワー、スカイツリーができるなんて、予想もしなかった頃の東京です。
 京都の町家がもてはやされていますが、バブル経済以前の下町は、大阪も京都も東京も、一歩横丁に入ると、あまり変わらなかったです。店舗兼用の木造家屋が並び、各店の奥には、家族と小さな職場で働く仲間の日常生活がありました。
 寅さんシリーズは渥美清さんの死去後は製作されていないです。寅さんは、渥美清さんにしか表現できない人物像。どこかの縁日で、出会えそうな気がしていたんですけどね。

山田洋次

【高槻会場】西武高槻店 4階=催事場
      大阪府高槻市白梅町4-1
      TEL 072-683-0111
【会期】  2012年12月29日(土)〜2013年1月8日(火)
      開場時間:10:00〜20:00
      ※最終日1月8日は午後5時にて閉場
      ※ご入場は各日閉場30分前まで

【主催】  NHKプラネット近畿
【入場料】 一般・大学生 500円、高校生以下無料
      ※入場料収益の一部は、東日本大震災の義援金として被災地に送ります。

【参照】  山田洋次監督50周年記念展
      渥美清の伝言YouTube
      ※普段はインタビューなどにめったに応じなかったらしい渥美さんが、
       晩年珍しく丁寧に語っておられます。



JUGEMテーマ:映画

映画『最強の二人』絶対、絶対お勧めです!
 台風の動向をみながら今日のデートはどうしよう・・なんて迷っている方!この映画を、心からお勧めします。

 ただただ、一人でも多くの方に観ていただきたいです。事故で首から下の自由を失った大富豪と、失業保険の継続を目当てに介護担当の募集に応募した、黒人青年の実話に基づく物語だそうです。どの辺まで実話なのかは知りませんが、そんなことよりも、人と人との関わりは、既成概念にとらわれなければ、双方の環境や立場と関係なく、心のどこか深い部分で成立するのだという風に(予告編だけでも)解りました。劇場で観ると体験の共有感が生まれますから、ぜひ劇場へ行こうと思います。9月始めから上映していて、大阪近辺でももう上映終了が近いようです。上映劇場など、詳細は公式サイトで御覧ください。

『最強の二人』公式サイト

TOHO CINEMAS系の映画館にて公開中

高槻アレックスシネマで10/13〜上映予定

最強の


予告編



JUGEMテーマ:映画


鬼に訊け 宮大工西岡常一の遺言
絶対に観たい映画、そして少しでも多くの方に観てほしいです。
『鬼に訊け 宮大工西岡常一の遺言』。北摂から気軽に行ける映画館の上映はあと、京都シネマだけになりました。法隆寺や薬師寺の宮大工棟梁というだけで厳格な方だろうとの印象を持っていましたが、実際は親しみやすい面があることが解ります。
遠い存在というイメージでしたが、予告編を見て映画で実像を見れるんだと感心してしまいました。子供の頃読んだ新聞で、木造建築に補強金物を使うかどうかで、大学教授と真っ向から反対の意見を述べられていたのが、印象に残っています。



西岡常一
©『鬼に訊け』製作委員会

鬼に訊け -宮大工 西岡常一の遺言- [DVD]

上映時間 7/14(土)〜16(月),18(水)〜20(金) 11:00〜12:40
     7/17(火)は、休映
京都シネマの上映日は、17日(祇園祭山鉾巡行の日)が休みです。
念のため、行かれる際は直接お確かめください。

参考サイト リビング京都 試写会・劇場(詳しいです)



高槻ジャズストリート2012
 高槻ジャズストリート2012、行ってきましたと、言いたいところだけれど、今年も通りかかって、楽しませていただきました。今年のゲストミュージシャンには、宇崎竜童さんも来られていたとか。パンフレットをしみじみ見ると、昨年の収支が掲載されていました。協賛金、広告収入、Tシャツなどの雑貨や飲食売上、市からの補助金など2000万の収入で、約一割程度の黒字。黒字は繰り越して、継続的な開催に役立てるそうです。来年こそは、一日かけてゆっくり楽しみたいな。

噴水広場
5月4日夕方の、阪急高槻市駅前噴水前広場「Three Quartets」

高架下
阪急高架下広場「JAM company」


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へどうぞクリックの応援をお願いします。

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.