「なぜ木材を使って高層ビルを建てるべきなのか」 | アット高槻 −北摂から面白いことあれこれ−

アット高槻 −北摂から面白いことあれこれ−

高槻を中心に北摂の面白いことあれこれを、成喜建設(株)のインテリア&Web担当者がレポートします。
主に高槻市・茨木市を中心に北摂地域のイベントやお店等の街ネタを紹介していますが、たまには京都・神戸などへの遠出もありです。
*お店の定休日・営業時間などは変更もありますので、お出かけの際は直接各店にご確認下さい。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
   
SEARCH
  
北摂の地域情報
バナー
             
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
  
 
「なぜ木材を使って高層ビルを建てるべきなのか」
「なぜ木材を使って高層ビルを建てるべきなのか」建築家:マイケル グリーン(2013年2月)

世界的講演会を行い続けるTEDという非営利団体があるんですが、とても示唆に富んだスピーチが多いです。
英語のスピーチですが、TED日本語チームが字幕を付けてくれています。
 

 

さて「なぜ木材を使って高層ビルを建てるべきなのか」ですが、マイケル グリーンは主にCO2の観点から木材を使うべきと言って、実践中です。私は、木材は耐久性の懸念もあるから、実用性や長年の維持・安全性の面で、高層ビルの構造材としては、どうかなあと心配です。ただ、現在はほとんどの国で、そこまで大きくない建物も鉄筋コンクリートや鉄骨で作っていることは、ちょっと残念とも思います。少なくとも中〜小規模の建物については、この講演で触れられているCO2の観点からも、室内の快適さの面からも、木造+煉瓦や漆喰などの伝統的な材料を使った建築を見直す方が良いだろうと思います。そのためのデモンストレーション的な研究と捉えると(本気のマイケル グリーンには怒られるでしょうが)、どこまで可能かという事に興味は湧きますね。

TED日本語チーム新着動画

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takatsuki.seikikensetsu.co.jp/trackback/1424398
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.