大切に、大切に聴きたい「天国/献身」藤圭子 | アット高槻 −北摂から面白いことあれこれ−

アット高槻 −北摂から面白いことあれこれ−

高槻を中心に北摂の面白いことあれこれを、成喜建設(株)のインテリア&Web担当者がレポートします。
主に高槻市・茨木市を中心に北摂地域のイベントやお店等の街ネタを紹介していますが、たまには京都・神戸などへの遠出もありです。
*お店の定休日・営業時間などは変更もありますので、お出かけの際は直接各店にご確認下さい。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
   
SEARCH
  
北摂の地域情報
バナー
             
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
  
 
大切に、大切に聴きたい「天国/献身」藤圭子
記録的な猛暑がようやく収まりかけたと思ったら、今度は台風シーズンですね 。
8月中旬から身近な人に、入院や不幸が相次ぎ、ブログもご無沙汰してしまいました。
あまりの暑さは、本当に体力や気力に影響するなと、つくづく思った夏でした。
しかも、8月22日には歌手の藤圭子さんが亡くなったというニュースに呆然。心から、ご冥福をお祈りします。

美貌と最高の歌唱力、才能あるお嬢さんに恵まれた…でも、何か寂しかったんだろうな。心の病気だったとか、色々なことが書かれているが、不意に張りつめた糸が切れたように見えても、その人それぞれのエンディングは、天の計らいなのだろうなと思う。YouTubeで改めて聴き惚れていると、ヒット曲よりも、あまり知られていない曲のほうが、もっと深く、しみじみと心に響く。どうしてこんなに、稀有な歌い手に、もっと息長く落ち着いた、活躍の場が無かったのかなと残念でならない。TVなどで知る限りでは、演歌歌手と思い込んでいたけれど、ジャンルにとらわれない、本当に優れたアーティストだったんだと解る。

歌のタイトルが、今聴くにはあまりにも悲しくて、気がひけるのですが、「こんな歌を歌われているとは知らなかった」という驚きが一番大きな歌を、「何時までも忘れない」という気持ちを込めて紹介します。



「天国」藤圭子 唄 荒木とよひさ作詞、三木たかし作曲
「天国/献身」1996年 日本クラウン発売


YouTubeで、貴重な動画を見つけました。
☆【追悼・藤圭子さん トークと懐かしい歌】♪:(1998年のTV番組から)
飾り気のない素顔のトークと、スタジオを跳ね回るように楽しそうに歌う姿が印象的です。
約30分の番組ですが、レコード録音時や出産時のエピソードもあり、観てよかったと思いました。

9/27追加:1993年の画像(日高晤郎のスーパーサンデー)

動画を編集&アップロード下さった方に感謝です!

追記:他の事をしていても、ふと悲しくなっていましたが、飯島直樹さんの言葉を思い出して、納得する事にしました。
「人の幸不幸は、人生の長さじゃない。人が生まれるのも奇跡なら、天に上るのもまた奇跡。」
 プロウィンドサーファー飯島直樹さんの闘病記「ガンに生かされて」 (新潮文庫)より

また全く勝手ながら、偲ぶためのセレモニーの類いを一切しない遺志を持っておられたとの事についても、やはり心の区切りを付ける意味で、一定の時間をおいてからでも、執り行った方が良いのでは?…と思っていましたが、「いつまでも歌った作品の中に生きているから、それぐらい魂を込めて歌っているから」という意味なのだろうと納得しました。•••合掌


コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takatsuki.seikikensetsu.co.jp/trackback/1424329
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.