祇園祭は奥深い | アット高槻 −北摂から面白いことあれこれ−

アット高槻 −北摂から面白いことあれこれ−

高槻を中心に北摂の面白いことあれこれを、成喜建設(株)のインテリア&Web担当者がレポートします。
主に高槻市・茨木市を中心に北摂地域のイベントやお店等の街ネタを紹介していますが、たまには京都・神戸などへの遠出もありです。
*お店の定休日・営業時間などは変更もありますので、お出かけの際は直接各店にご確認下さい。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
   
SEARCH
  
北摂の地域情報
バナー
  
SELECTED ENTRIES
          
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
  
 
祇園祭は奥深い
 今年の祇園祭は週末にピッタリと合って、今日16日(土)が宵山、明日7月17日(日)が山鉾巡行です。お天気は明日中は大丈夫らしいです。もし行かれた事がない方や(それは少ないかな)、片方しか行っておられない方は、一度は両方とも行ってみる価値有りです。
 正直に言うと以前は、偶然にその時期に京都に仕事で行ったりして、鉾の様子など一部は見たことはあったのですが、10年位前に人に誘われるまで、ちゃんと楽しんだ事が無かったのです。駅などで、写真や鐘の音に触れると、あ祇園祭か…もうすぐ天神祭、PL花火大会やな〜と、暑さの最盛期の前触れみたいに思う位でした。
 ところが祇園祭を良く知っておられる方に、宵山に連れて行ってもらい、屏風祭の、旧家の飾り付けを見て認識が変りました。次の年は猛暑の中、山鉾巡行を見に行き、なるほど実際に見ると、様々な形の違いとか、それぞれの鉾はどうやって、伝統を守ってきたのかなとか、色々興味がわいてきました。
 それ以来、ちょこちょこ本やHPなどで祇園祭の事が載っていると読むようになり、まー奥深い物なんだなと、気が遠くなるような事をしている京都の方々ってすごいなと思っています。素晴らしいHPや書籍がたくさんあるのですが、とても見る側に親しみやすく、必見!のブログと本を、ご紹介します。

☆ブログ『西陣に住んでます』祇園祭の山鉾巡行を一気に

京都祇園祭手帳 (河原書店の手帳ブック)

祇園祭手帳
クリックするとアマゾンの中身を見るというサービスで、かなり読めます。
(少ししか見れない本もあるのですが、この出版社は 太っ腹です)


コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takatsuki.seikikensetsu.co.jp/trackback/1424237
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.