News関連 | アット高槻 −北摂から面白いことあれこれ−

アット高槻 −北摂から面白いことあれこれ−

高槻を中心に北摂の面白いことあれこれを、成喜建設(株)のインテリア&Web担当者がレポートします。
主に高槻市・茨木市を中心に北摂地域のイベントやお店等の街ネタを紹介していますが、たまには京都・神戸などへの遠出もありです。
*お店の定休日・営業時間などは変更もありますので、お出かけの際は直接各店にご確認下さい。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
   
SEARCH
  
北摂の地域情報
バナー
             
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
  
 
2016年7月10日は参議院議員選挙

来月の7月10日は、ついに参議院議員選挙ですね。

18歳以上の人が参加する初めての選挙がどうなるか、関心あります。

 

自分の今までの投票体験を振り返ってみたら、結構恥ずかしいことしてますが、中には同じような「うっかりさん」もおられるかもしれないので、公表しますね(めったに「おらん」て声も聞こえますが)。それと今回は、紛らわしい名の政党があるので気をつけてほしいです。

 

1)投票所入場整理券を忘れて、ドッキリ。

■氏名、住所、生年月日が正確に伝えられたらOKで、運転免許証などはなくても可でした。

 

高槻市コールセンターQ&Aより

 選挙人名簿に登録されている人は投票することができます。

 投票所入場整理券を再発行しますので、投票所で係員に申し出てください。

 

2)投票時間を勘違い。

■いつも8時までだと思って確認せずに、7時40分ごろに行ったら、一回だけ、投票終了時間が繰上げされていて投票できなかった経験があります。

(2014年衆議院選と思う:どんな田舎かと思われるかもですが、一応都市部でしたが)

 

◎今回は高槻市・茨木市では変更はないみたいですが(午前7時から午後8時)、将来も含めた念のために書いておきます。

 

3)「支持政党なし」という紛らわしい名の政党があるので、比例代表投票用紙に、うっかりそれに類する言葉を書かないように注意する。(積極的に支持される方は別ですが)

■「支持政党なし」はもちろん「支持なし」「なし」も、「支持政党なし」と判断される可能性あり。

 

*この党は法案ごとに「党サイト上で賛否参加システム導入予定」と書いているが詳細はまだ不明(未定のよう)です。紛らわしさを避けるため、「直接党」とか「民意反映システム党」とか、何しろ誤解を招かない名にしてほしい。「支持政党なし」という党名は、本当に無効票キャッチの可能性を感じてしまいます。

 

 

■■政治に関する考え方は、とても複雑な要素の絡む問題なので、あまり軽々しく言えませんが、戦争はもちろん日本人が海外で狙われるような事態と、数に任せた強行採決だけは(党議拘束を含めて)、何としても避けてほしいと思います。

 

参考:大阪府HP 第24回参議院議員通常選挙 候補者・名簿届出政党等情報 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へどうぞクリックの応援をお願いします。

熊本地震2016.4.14
前回のブログ更新の日の夜のこと、14日21時に熊本で地震が発生し、その後さらに強い本震と、それに続く多数の強い地震が発生して、近年の大地震の余震記録を上回わって、さらに回数記録を塗り替え中です!被災された方、お亡くなりになられた方に、心から見舞いを申し上げ、ご冥福をお祈りします。

■現在までの概要は以下の通りです。
2016年(平成28年)4月14日21時26分に、熊本県熊本地方を震源とする、マグニチュード6.5(暫定値)、最大震度7の地震が発生した[6]。さらに、その28時間後の4月16日1時25分頃には、同じく熊本県熊本地方を震源とする、マグニチュード7.3(暫定値)、最大震度6強の地震が発生した[4]。気象庁は同日、後者(16日未明)の地震が本震で、前者(14日)の地震は前震であったと考えられるとする見解を発表している。(Wikipediaより)

4月に入ってから1日と10日に大阪でも地震が感じられ、なんだか地震多いなあと思った矢先でした。

気象庁の地震データーを見ると、最近二日間の図だけでも、日本列島が真っ赤で、しかもこれはある線(中央構造線)でつながっているだろうというように見えます。実に危ない所に住んでいるものだと驚きます。体験した阪神淡路大震災の時の事を思い出して、本当に不安ですが、急に外国に移住できるものでもない。今後何が起きるかわからない。本当に、一日一日を大切にしていきたいと思います。
 
揺れるのは日本列島だけではなくて…。
24日にカリフォルニアで大きな地震があって、あーあ、太平洋の向こうも揺れていると思いました。昨日、梅田にいてお店の方と話し中に2回グラッと感じました。「揺れませんでした?」というと、店員さんは「大きなトラックが通っても揺れるし、私は感じませんでした。」と平静。鉄骨だから案外、地震でなくとも揺れるのかなと思って、さほど気にならなかったけれど、帰ってからWebの地震情報で、26日午後3時42分と46分に大阪湾で地震が発生していて、大阪湾の地震は昨日もあったと解りました。その上、気象庁のサイトを見ていると、なんと地震の多い事。日本はずーっと継続して揺れている船のような感じです。もう船酔いしそうな気分になってきた、、。
地球上のかなたでは戦争でドドーン!、あっちでは地震でガタガタ!こっちでも大雨で山崩れズズーン!被災を幸運に逃れて、なんとか無事に過ごせているのは、奇跡なのだなあと実感しました。誰もがいつ、被害に遭うか解らない状態。被災地の方に心から声援を、お送りします!

最近の地震活動:速報値 気象庁HPより
地震
 
大切に、大切に聴きたい「天国/献身」藤圭子
記録的な猛暑がようやく収まりかけたと思ったら、今度は台風シーズンですね 。
8月中旬から身近な人に、入院や不幸が相次ぎ、ブログもご無沙汰してしまいました。
あまりの暑さは、本当に体力や気力に影響するなと、つくづく思った夏でした。
しかも、8月22日には歌手の藤圭子さんが亡くなったというニュースに呆然。心から、ご冥福をお祈りします。

美貌と最高の歌唱力、才能あるお嬢さんに恵まれた…でも、何か寂しかったんだろうな。心の病気だったとか、色々なことが書かれているが、不意に張りつめた糸が切れたように見えても、その人それぞれのエンディングは、天の計らいなのだろうなと思う。YouTubeで改めて聴き惚れていると、ヒット曲よりも、あまり知られていない曲のほうが、もっと深く、しみじみと心に響く。どうしてこんなに、稀有な歌い手に、もっと息長く落ち着いた、活躍の場が無かったのかなと残念でならない。TVなどで知る限りでは、演歌歌手と思い込んでいたけれど、ジャンルにとらわれない、本当に優れたアーティストだったんだと解る。

歌のタイトルが、今聴くにはあまりにも悲しくて、気がひけるのですが、「こんな歌を歌われているとは知らなかった」という驚きが一番大きな歌を、「何時までも忘れない」という気持ちを込めて紹介します。



「天国」藤圭子 唄 荒木とよひさ作詞、三木たかし作曲
「天国/献身」1996年 日本クラウン発売


YouTubeで、貴重な動画を見つけました。
☆【追悼・藤圭子さん トークと懐かしい歌】♪:(1998年のTV番組から)
飾り気のない素顔のトークと、スタジオを跳ね回るように楽しそうに歌う姿が印象的です。
約30分の番組ですが、レコード録音時や出産時のエピソードもあり、観てよかったと思いました。

9/27追加:1993年の画像(日高晤郎のスーパーサンデー)

動画を編集&アップロード下さった方に感謝です!

追記:他の事をしていても、ふと悲しくなっていましたが、飯島直樹さんの言葉を思い出して、納得する事にしました。
「人の幸不幸は、人生の長さじゃない。人が生まれるのも奇跡なら、天に上るのもまた奇跡。」
 プロウィンドサーファー飯島直樹さんの闘病記「ガンに生かされて」 (新潮文庫)より

また全く勝手ながら、偲ぶためのセレモニーの類いを一切しない遺志を持っておられたとの事についても、やはり心の区切りを付ける意味で、一定の時間をおいてからでも、執り行った方が良いのでは?…と思っていましたが、「いつまでも歌った作品の中に生きているから、それぐらい魂を込めて歌っているから」という意味なのだろうと納得しました。•••合掌


衆院選いよいよ投票日ですね
 土曜日午後8時にJR高槻駅を通りかかりました。雨の中、アクトアモーレ側には辻本清美さん陣営、松坂屋側には松波ケンタさん陣営が、通せんぼかと思うほど集まって最後のお願いコールをされていました。特に、松波さんの方はご本人と奥様が、襷姿で頭を下げたり握手したりしておられて、なんだかポスターより親しみがわきました。数日前には辻本さんも直接お見かけしましたが、どちらもキリっとした、爽やかな印象。

 けれど実際の投票は、印象だけで決めるわけにもいかないので、今回はとても難しいなと思っていたら、数日前に『迷える有権者.com』というサイトを見つけました。これは頭の整理に役立ちそうです。

 まあ歴史を後戻りさせるような、候補者や政党には入れたくないので、じっくり考えて投票に行きたいと思います。

JUGEMテーマ:地域/ローカル


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.