町家・街並・風景 | アット高槻 −北摂から面白いことあれこれ−

アット高槻 −北摂から面白いことあれこれ−

高槻を中心に北摂の面白いことあれこれを、成喜建設(株)のインテリア&Web担当者がレポートします。
主に高槻市・茨木市を中心に北摂地域のイベントやお店等の街ネタを紹介していますが、たまには京都・神戸などへの遠出もありです。
*お店の定休日・営業時間などは変更もありますので、お出かけの際は直接各店にご確認下さい。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
   
SEARCH
  
北摂の地域情報
バナー
             
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
  
 
大震災で失われた、ヴォーリズ建築
 我家の今年のカレンダーは、ヴォーリズ建築を描き続けておられる小阪謙造画伯の作品カレンダーで、3月は日本基督教団福島教会の絵になっています。でも、もうこの建物を見ることはできません。東日本大震災では、人命、財産、仕事、建築その他言い表せないほど多くの物が失われ、私が何か書くと言う事はとても出来ないけれど、毎日この絵をながめていると、つくづく残念な気持ちが湧き上がってきます。

 多くの人の命や努力を、一瞬で押しやった自然災害。だけど建物などの場合は、全く修復不可能と言う事も言えないだろうと思う。経済面、構造強度の面など、それぞれの諸事情で、復旧や保存が難しい。しかしこの地の教会として、これ以上優れた建築は、まず造れないと思うと、つくづく建築の文化財としての価値を、どう捉えるかが課題だと思う。

 カレンダーの絵と、他に知っているヴォーリズ建築からも、この建物の美しさはおよそ解る気がする。それに、ヴォーリズの建築を多数紹介されているブログなどを見ると、内部空間もすばらしい。でも、もう取り壊されてどうすることもできない。せめて近畿にある歴史的建築物に、機会あるごとに足を運び、目と心にしっかり刻んでおくことにしよう。

 一つの文化財が消えることは、その建物に込められた精神性や生命力が消滅する事。そして同じレベルの価値ある建築物を造る事は大変困難で、無機質な工業製品のような建築が、生活環境を埋め尽くしてゆく。街や風景を見て心和んだり、教会などの建物の内部空間で、自然と醸し出される心の落ち着きや、感動を味わうことができなくなる。もうここまで少なくなった文化的価値のある建築は、所有者の判断で建て替えたりせず、公的機関が全力を挙げて保存すべきではないかと思う。生物には絶滅危惧種があるけれど、建築にもそれを危惧してしまう。
 
【参考ブログ】
ヴォーリズを訪ねて(写真が素晴らしいです)
喫茶店で瞑想して、銭湯で元気になる「福島を行く さよなら福島教会」(跡地の様子)

城下町、高槻の魅力は町家に在り
 日曜日に珈琲&紅茶専門店”マウンテン”さんの”マウンテン笑学校:町家トコトコ”に参加し、高槻の歴史の奥深さを改めて味わいました。先生は”マチヤ・テラス”の町屋照五郎さん。城下町なのですが、お城自体は明治のはじめに、鉄道施設などに使うために解体、転用されてしまったそうです。でも阪急高槻市駅から国道171の間の旧城下町には魅力的な町家やお寺などが点在し、現役で使われている町家や、地元の神社仏閣等のある町並みには、観光化された城下町にはない魅力があります。説明に聞き耳を立てながら写真を撮るというのは難しいし、皆さんのペースに遅れてしまうので、特に印象的な部分だけ撮りました。またゆっくり行ってみよう。

三連屋根
住まいの棟に宝の文字入り鬼瓦、三連の切妻のラインが美しい。

鬼瓦
見事な棟瓦と鬼瓦。工匠の魂がこもっています。


※高槻には、旧西国街道沿いや、さらに山側など広い範囲に旧家の美しい建物が残っていて心を和ませてくれます。マチヤ・テラスさんは、少しでも長く保存・活用されるように、記録や保存についての助言活動をされています。北摂には他にも新しいビルに埋もれた、美しい建築があります。失われないうちに訪ねてみようと思います。
都ライト'10
 暑ーい京都に行ってきました、都ライト。打ち水をしていい雰囲気です。石畳に打ち水はちょっとひんやりしていいものです。写真は会場の一つ、浄福寺通り大黒町(西陣織の町)の情景です。

大黒 

暖簾

子供


ブログ村、BROG RANKINGに参加しています。
どうぞクリックの応援をお願いします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
都ライト'10ご案内
 京都のこの週末のイベント、「都ライト'10」、夕涼みがてら京の町をそぞろ歩き…いいですねぇ。

【都ライト'10】

■開催日 - 2010年 8月27日(金) 28日(土) 29日(日)
■時間 - 点灯時間18時〜21時(一部併設イベントは午前中も行っています)
■会場 - 京都市内の町家(有志)、上七軒通周辺、浄福寺通大黒町、西陣文化センター、旧西陣小学校

■主催 - 都ライト実行委員会 - 京都在住の学生有志を中心として構成
    (京都市上京区実相院町156:アニュアルギャラリー内)

【参照】http://miyako-light.anewal.net/


都


ブログ村、BROG RANKINGに参加しています。
どうぞクリックの応援をお願いします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ
8月23日24日は地蔵盆
 8月23日24日は市内あちこちで地蔵盆が開かれます。最近は、準備の人手の都合上、週末にあわせて日程をずらすところもあるようですね。

 お地蔵さんは道端にちょこんと立っていたり、小さな祠に祀られていたりすることが多いのですが、アクトモールのお地像さんは現代彫刻の上に鎮座されていて、待遇はおそらく全国でもトップクラスでしょう。世話役さんに伺うと、元々は今の場所ではなく、アクトアモーレが建っている敷地内にあったのを、建設時に移動されたらしいです。かわいいお地蔵さんですね。しかし普段は全く気づかず通り過ぎていました。

 お地蔵さんは愛称で、正しくは地蔵菩薩ですが、いつの頃からか道祖神と同じように村を守る役割も果たすようになり、地獄の鬼から子供を救うとして子供の守護神ともなって、各地の道端に石地蔵が見られるようになったそうです。しかし地蔵盆を盛大にお祭りするところは、京都を中心に、主に関西周辺だそうです。地蔵盆が終わると、夏休みもあとわずか、まだまだ暑いですが、夏の終わりは確実に近づいています。

地蔵


ブログ村、BROG RANKINGに参加しています。
どうぞクリックの応援をお願いします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 高槻情報へ

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.